岡山県のED治療にスタンダードな治療薬シアリス

岡山県には、ED(勃起障害)治療を受けられる病院が210件以上あります。服薬治療、ICI療法(陰茎海綿体自己注射)、ED1000(低周波を使って血管新生させる)など、様々な方法で治療を受けることが出来ます。
ED治療薬として世界的にもスタンダードに使われているのはシアリスという薬ですが、岡山県内の病院でもシアリスの処方を受けることが可能です。また、一部の病院ではバイアグラのジェネリック薬を扱っている所もあります。
ネットでは、治療薬を幅広く扱っている病院だけを検索することも出来ます。岡山県内で病院処方のシアリスが欲しい時には、活用してみると良いでしょう。
シアリスがスタンダードな治療薬として使われている理由は、副作用が軽いことも理由です。ED治療薬は薬の性質上、血管を拡張させる作用があります。血管を収縮させてしまうPDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という酵素の働きを阻害することで起こります。すると、体全体の血管が拡張されるので、顔がほてったり、のぼせのような副作用が現れることがあります。その他、血管拡張によって皮膚が刺激されて、一時的にかゆみを伴うこともあります。
これはED治療薬の特性なので、多少の症状は仕方ありません。何度も使い続けているうちに症状が軽くなる人もいます。従来までの治療薬はこの副作用が比較的重く出てしまっていたのですが、シアリスは効果が弱めに作られているので、副作用が軽くて済みます。この点も評価されて、多くの病院でスタンダードな治療薬として使われています。
ただし、重度のED患者にはシアリスは効果が弱すぎる可能性もあります。この場合には、従来までの効果が強い薬を処方する可能性が高いです。